オンデマンド表面技術への対応~ローランドDGのレーザー箔転写機~

加飾技術の中でもオンデマンド対応と生産性の両面のニーズに対応することは容易ではありませんが、それを実現する技術を有するのがローランドDGです。UVプリンタをはじめとした造形ツールで業界を引っ張るローランドDGは、日本ものづくりワールド2018で金属箔転写機を発表しました。

新製品 レーザー箔転写機 LD-80
出展情報へのリンク

従来の箔押しは紙に対してのものが一般的で、プラスチックへの箔押しは困難でしたが、これを半導体レーザー技術を活用することでクリアしています。

樹脂造形(インクジェット)、金属造形(3Dモデリングツール)に続き、樹脂上金属薄膜造形の対応となり、ローランドDGの造形技術ドメインを補強する新機種となります。今回は新規展示品で対応サイズがまだ小さいものの、今後は大型品への対応などを入れられているとの事です。

人気機種 デスクトップUV-LEDプリンターLEF-200

ローランドDGは「DGSHAPE」ブランドを立ち上げ、インクジェットプリンタを基軸に3D事業を強化しています。3Dプリンタや加工ツールを効果的に組み合わせて、生産性を高め安全性を確保した「完成度の高い3D造形装置」を展開しています。世界的楽器メーカーのクリエイティブセンスを感じさせる機器は、東京クリエイティブセンター(東京都品川区)で常時展示されています。

ローランドDG 東京クリエイティブセンター

http://www.rolanddg.jp/cc/center_tokyo.html

コメントを残す